脱毛サロンの「痛くない」を契約前に見極める方法



『脱毛サロンで痛くないのはどこ?』



そう思って脱毛サロン各社の公式ホームページを覗いてみたり、口コミをチェックした経験はありませんか?
脱毛サロンはどこも判で押したように「痛くない」と主張していますが、根拠はほぼ示されてはいません。
同じサロンの口コミの場合でも、「痛い」「痛くない」の両方の感想があるので、判断に困ってしまいます。
なので結局自分で体験するまでは、痛くないのかどうかなんて分かりません。



でもできればこんな一種の賭けのようなことなんて、したくはありませんよね?



そこでここでは、脱毛サロンの「痛くない」を契約前に見極める方法を紹介します。
その前にまずは予備知識として、脱毛で感じる痛みについて触れておきましょう。



脱毛で感じる痛みについて

脱毛は確かに痛みを伴いますが、どのくらい痛いのかって気になりますよね?
痛みの大きさや感じ方には個人差もありますが、誰にでも平等なのが「施術方式」です。
大きく分類すると、「クリニックでのレーザー脱毛」と「サロンでの光脱毛」です。

痛みの大きさは?

レーザー脱毛の痛みの大きさをクリニックでは、「輪ゴムでパチンと弾かれたような痛み」と表現しています。

光脱毛の痛みの大きさを脱毛サロンでは、「輪ゴムで軽く弾かれたような小さな刺激」と表現しています。

なんだかあまり違いがうまくイメージできない表現ですが、レーザー脱毛の方が痛いのは確かです。

痛みを感じやすい人

そして痛みの感じ方には個人差があり、「剛毛」な人ほど痛みを感じやすいでしょう。

現在主流の施術方式では、黒い色は光と熱を吸収するという特徴を利用し、黒くなった毛根に光やレーザーを照射して高熱でダメージを与えて脱毛効果を得ています。
そのため、色が濃くて太い剛毛なほど高い効果が期待できますが、痛みも感じやすくなります。

他にも、「場所」や「肌の状態」によっても痛みを感じやすくなります。

痛みを感じやすい場所

全身脱毛の場合は分かりやすいですが、痛みを感じやすい部位と痛くない場所があります。
後で紹介する痛くない脱毛サロンであっても、完全無痛はあり得ないと思った方が無難です。

痛みを感じやすい場所は、「骨に近いところ」「皮膚が薄いところ」です。
具体的な代表例としては、「おでこ」「あご」「VIO」が挙げられます。
他にも、「ヒジ」「ヒザ」「手足の甲や指」なども該当します。

それでも、痛くない脱毛サロンでなら、ちょっとした痛みだけで済みます。


痛みを感じやすい状態

脱毛の施術を受ける際の肌の状態によっても、痛みを感じやすくなります。

ありがちな状態が、「日焼け」「色黒」「乾燥肌」「敏感肌」です。

日焼けの場合は施術を断られるケースもありますが、これは安全上の理由のためです。
もし断られなくても、普段なら感じない痛みを感じる可能性があります。
日焼けは肌が炎症を起こした状態で、脱毛はムダ毛を高熱で処理する行為です。
肌が「泣きっ面に蜂」状態になるので、痛みを感じやすくなります。
ヒドい場合は火傷にもなりかねないので、日焼けは厳禁なんです。

また、照射のターゲットはあくまでも黒い色のため、黒い肌にも反応します。
色白の方の方が、色黒の方よりも痛くない傾向にあります。
更に言えば、あまりにも肌の色が黒すぎると脱毛効果が得られないばかりか火傷のリスクも高まるので、施術自体を断られる可能性があります。

乾燥した肌は、バリア機能が低下した、いわば無防備な状態になっています。
すると当然、外部からの刺激やダメージを直接受けてしまうので、痛みを感じやすくなってしまいます。
あまりに乾燥肌がひどい状態の方は、日焼けと同様に火傷のリスクが高まります。
そのため、場合によっては断られる可能性だってあります。

高熱でダメージを与える施術方式では肌への刺激も強いので、外部からの刺激に弱い敏感肌や乾燥肌の方ほど痛みを感じやすくなります。
痛くない脱毛を受けるには、保湿ケアもおすすめの方法です。


脱毛が痛い最大の原因は温度

脱毛が痛い最大の原因は、なんと言っても照射時の温度です。
脱毛サロンと医療脱毛では、どっちが痛いかはご承知の通りです。

ではなぜ医療脱毛の方が圧倒的に痛いのかと言えば、照射時の温度が全然違うからです。
約80℃の脱毛サロンに対して、医療脱毛では約200℃にも達します。
医療脱毛の方が高い効果が得られるのは、脱毛サロンよりも圧倒的に高い温度で照射しているからです。

また、脱毛マシンは出力調整が可能です。
適度な出力を見極められないスタッフによる施術では、必要以上に大きな痛みを感じる場合もあります。
スタッフの技術力も、少なからず痛みの大きさに影響しているかもしれません。


脱毛サロンの「痛くない」の正しい解釈

脱毛サロンの公式ホームページではどこでも、判を押したように「痛くない」と掲載されています。
これはあくまでも「自称」と断罪しましたが、決して「嘘」ではありません。
痛みの大きさを他社と比較した場合、以下の2つが正しい解釈となります。

  1. 他の脱毛サロンとは大差ない
  2. 医療レーザー脱毛よりは痛くない

脱毛サロンでは出力が制限されたマシンしか使えません。
出力に上限が設けられている以上、特別なマシンを使っていない限り、基本的にはどこの脱毛サロンでも痛みに大差は出ません。
つまり、他の脱毛サロンと比較したい場合の答としては、あくまでも「自称」にしか過ぎないんです。

逆に医療レーザー脱毛との比較の場合なら、「嘘」ではありません。
両社の間には痛みの最大の原因である温度に、ハッキリとした大きな差が存在するからです。



『でも一番知りたい情報が分からない!』



そうです。
脱毛サロンが医療脱毛と比較して痛くないなんて、今や誰でも知っています。
知りたいのは、「脱毛サロン同士の比較で痛くない脱毛サロン」です。
そうですよね?



このページはまさに、「脱毛サロン同士の比較で痛くない脱毛サロン」を見極めるための方法を紹介するためのページなんです。


「痛くない」脱毛サロンの条件

脱毛で感じる痛みの原因は「温度」で、脱毛サロンのマシンは出力が制限されているので「どこも大差はない」とお伝えしました。
ただしこれは、一般的な脱毛マシンを使っている場合です。

脱毛サロンは光を照射するので「光(フラッシュ)脱毛」と一括りにされますが、実はタイプの違う施術方式が4種類あります。

黒い毛根がターゲットの「IPL方式」「SSC方式」と、毛根をターゲットにしない「SHR方式」「ハイパースキン脱毛」の4種類です。
施術方式が違えばマシンも違い、照射時の温度まで違います。

つまり「痛くない」脱毛サロンを契約前に見極める方法とは、各社の施術方式を調べることです。

脱毛で効果を得る仕組み

脱毛で効果を得る仕組みはこれまでずっと「黒い毛根に光を反応させて高熱でダメージを与える」だけでした。
クリニックでの医療レーザー脱毛だけでなく、サロンの光脱毛でも同じです。
黒色は光と熱を吸収するという特徴を利用して、黒くなった毛根に高熱でダメージを与える「熱破壊式」です。
しかも一度の照射で高熱のダメージを与えるので、大きな痛みを感じやすくなっています。
ダメージを受けた毛根は毛穴にとどまれなくなり、抜けていきます。

ですが最近では、「発毛因子の産出を抑制する」施術方式も出てきました。
低温で照射できる「SHR方式」や「ハイパースキン脱毛」なら、サロン同士で比較しても痛くないんです。
発毛因子とはタンパク質の一種で、毛の成長を促進する「種」のようなものです。
発毛因子は毛が抜けた後に発生し、細胞分裂を繰り返します。その後毛乳頭に達し、毛細血管と連結して栄養補給の経路を作った後に、毛を生やします。
つまり、「発毛因子の産出を抑制する」施術方法は、「生えなくさせる」仕組みです。

施術方式と痛みの関係

照射時の具体的な温度が分からなくてもどの施術方式を採用しているかが分かりさえすれば、痛いのか痛くないのかが客観的に評価できます。
各施術方式の違いを、簡潔にまとめました。
温度の高さと痛みの大きさは、比例します。

  1. IPL方式 約80℃
  2. IPL方式
    「キレイモ」「銀座カラー」「シースリー」などほとんどの脱毛サロンで導入されている主流の施術方式です。
    黒くなった毛根に光を反応させ、熱を吸収させます。
  3. SSC方式 約80℃
  4. SSC方式
    「ミュゼプラチナム」と「脱毛ラボ」で導入されている施術方式です。
    光を照射して毛根に熱でダメージを与えるとともに、イソフラボンなど抑毛成分が配合されたフィリニープジェルで、毛を細く柔らかくします。
  5. SHR方式 約50℃
  6. SHR方式
    「ストラッシュ」と「ラココ」で導入されている新しい理論に基づいた痛くない施術方式です。
    毛包への蓄熱によって、発毛因子を産出するバルジ領域にダメージを与えます。
    1部位に対して4回の照射で徐々に温度を上げていくのも、痛くない要因となっています。
  7. ハイパースキン脱毛 約38℃
  8. ハイパースキン脱毛
    「ディオーネ」で導入されている痛くない施術方式です。
    発毛因子にのみアプローチするので、高熱で毛根を焼く必要がありません。

施術方式による痛みの違いは、脱毛サロンの自称でもなければ、自分には該当しないかもしれない不確かな他人の感想でもありません。
施術方式(=痛みの大きさ)を事前に見極められれば、契約後に『痛くて行きたくない』なんて後悔する確率も低くできます。

付け加えるなら、いくら「痛くない」と評判の脱毛サロンでも、施術方式が分からなければ判断は難しいということです。


根拠に則った痛くない脱毛サロン

痛くない脱毛サロンを見極める方法は「施術方式」のチェックとお伝えしましたが、これをまとめたのが以下の画像です。

根拠に則った痛くない脱毛サロンの一覧

脱毛ラボはSSC方式ですが、現在(2019年3月)は全店にSHR方式の導入を進めています。



この図を元にすれば、脱毛サロン同士の比較で痛くない脱毛サロンが一目瞭然です。
痛くない脱毛で後悔したくない方は、是非実践してみてください。

また、もしも現在通っている脱毛が痛くて挫折しそうなら、このページを参考に乗り換えを検討してはいかがでしょうか?
乗り換え先サロンを選ぶ際には、痛み以外のチェックも忘れないようにしましょう。





痛くない脱毛サロンでのメリット

サロン同士で比較しても痛くないのは、上図の通り低温での照射が可能な「ストラッシュ」「ラココ」「ディオーネ」の3社です。
脱毛サロンの大半で採用されている「IPL方式」や「SSC方式」ではよく、「輪ゴムで弾かれたような痛み」と例えられます。
対して低温で痛くない施術では、「温かい程度」で、以下のようなメリットがあります。

  1. 肌への負担が小さくダメージがほとんどない
  2. 「火傷」「毛嚢炎」「色素沈着」「乾燥」など肌トラブルのリスクが格段に低い
  3. 「敏感肌」でも安心

「IPL方式」や「SSC方式」もレーザー脱毛比較すれば痛くないですが、それでも痛いって方は、低温でできる施術方式も知っておくと、より快適に脱毛を進められます。

また、低温での脱毛は肌への負担が小さいため、キッズ脱毛も可能です。
ムダ毛に悩む小学生や中学生も多いようで、キッズ脱毛に取り組むサロンも増加傾向にあります。


痛みと脱毛効果の関係

「ストラッシュ」「ラココ」「ディオーネ」の口コミで、「痛くないから効果がないんだ」という投稿を見かけます。
でも「痛い方が脱毛効果が高い」なんて、まことしやかに囁かれる都市伝説と同じです。

確かに、痛みという代償を払った方が効果がありそうな気はします。
痛みの大きい医療レーザー脱毛の方がサロンの光脱毛よりも効果が高いのは、事実です。
でもだからといって、痛みと脱毛効果が必ずしも比例しないのも事実です。

「ストラッシュ」「ラココ」「ディオーネ」で実際に脱毛効果を実感できている方は大勢いらっしゃいますし、反対に「キレイモ」「銀座カラー」「シースリー」で脱毛効果を実感できていない方もいらっしゃいます。
「痛みと脱毛効果」は、必ずしも比例しているとは言えません。

痛くない脱毛のまとめ

脱毛には確かに痛みが伴いますが、クリニックでの医療レーザー脱毛よりもサロンの光脱毛の方が、痛くない脱毛ができます。
そしてサロンの光脱毛の中でも、施術方式によって痛みの大きさが変わります。

黒い毛根をターゲットにしているIPL方式やSSC方式よりも、発毛因子の産出を抑制するSHR方式やハイパースキン脱毛の方が、痛くない脱毛ができます。

痛くない脱毛を希望する際には、契約前に必ず施術方式を確認しましょう。
そうすれば、痛みで後悔するなんて事態は、回避できます。