全身脱毛が終わらない!不満解消のために知っておくべきこと



『全身脱毛が終わらないッ!』



なんて不満を感じている方も多いかもしれません。
そこでここでは、「全身脱毛が終わらない」という不満はどうすれば解消できるのかをご紹介していきたいと思います。

ただ、人によっては「終わらない」の意味が違います。
あなたは、どういう意味で「全身脱毛が終わらない」んでしょうか?
不満を解消するためにはまず、ここをハッキリさせなければいけません。

また、大前提の話になりますが、「全身脱毛が終わる」の意味も確認しておきましょう。



「全身脱毛が終わる」とは?

「全身脱毛をなるべく早く終わらせたい」「全身脱毛を確実に終わらせたい」などと思っている方が大半だと思います。

分かりやすく言葉を補足すれば、「少ない回数で終わらせたい」「短期間で終わらせたい」「契約回数をすべて消化したい」「ムダ毛を完全になくしたい」といういずれか、もしくは複数の希望をお持ちなのではないでしょうか?

そして、脱毛サロンやクリニックではよく「○ヶ月で完了」「○ヶ月で卒業」という表現が使われます。
この表現に希望通りの脱毛ができそうな印象を受けられたかもしれませんが、もしかしたらそれは勘違いかもしれません。

というのも実は、脱毛サロンやクリニックで使われるこの「完了」や「卒業」という単語には、たったひとつの意味しか込められていないからです。



つまり、最小の契約回数を消化するまでの期間の目安です。



大抵の場合、脱毛サロンなら6回、クリニックなら5回消化するまでの期間の目安を表現しているに過ぎないんです。
高い効果を望めば契約回数は増えますし、契約回数が増えれば通う期間も長引きます。

まずは、サロンやクリニックの施術側の謳い文句と、私たち顧客側の希望との間に横たわっている認識のズレを知っておきましょう。

そのうえで、あなたにとっての「全身脱毛が終わらない」とはどういう意味なのか、解決するためにも正確に把握しておく必要があります。
主に、次の4つのどれかに該当するんじゃないでしょうか?

    ■「全身脱毛が終わらない」の意味

  1. 契約回数消化までにはまだ長期間かかりそう
  2. 予約が取れなくて先に進めない
  3. 複数回施術を受けても効果を実感できていない
  4. 脱毛してもまた生えると知って憤りを感じている

それぞれの原因と解決方法を、以下で詳しくご紹介していきます。

全身脱毛に長期間通わなければいけない理由と解決方法

全身脱毛に通う期間が長くなる理由は第一に契約回数ですが、他にもあります。

原因は、通う間隔です。

もしも3ヶ月ペースでしか通わせてもらえないサロンやクリニックなら、契約回数を消化しきるまでの期間は当然長くなります。
そこで知っておくべきなのが、なぜ3ヶ月ペースでしか通わせてもらえないのか、その理由です。
契約前の無料カウンセリングでの説明でご存知だとは思いますが、「忘れた」って方はご確認ください。

脱毛の施術間隔が数ヶ月おきになる主な理由は、毛周期に合わせなければいけないからです。
大半の脱毛サロンやクリニックでは、黒くなった毛根に高熱でダメージを与えて効果を得ます。
ですが毛根が黒くなるのは、毛周期の中でも2ヶ月から3ヶ月に1度しか訪れない「成長期」だけなんです。
仮に毛周期を無視して照射しても、ムダ打ちばかりで効果はまったく期待できません。



解決策としては、毛周期を無視しても効果が期待できる蓄熱式への乗り換えです。



蓄熱式は黒い色素に依存していないので、毛根が黒くなる成長期を待つ必要がありません。
ちなみに蓄熱式は、発毛因子を産出するバルジ領域を含んだ毛包を徐々に温めてダメージを与えます。
今生えている毛にもこれから生えてくる毛にも、両方にアプローチできます。

蓄熱式はサロンだけでなく、クリニックでも導入されています。
蓄熱式なら、月一ペースで通えて効果も期待できます。
全身脱毛6回なら、半年で完了します。

予約が取れない原因と解決方法

脱毛の予約が取れない原因は、サロン側にも顧客側にもあります。
まずはそれぞれの原因から確認していきましょう。

    ■サロン側の原因

  1. ベッド数が少ない
  2. 営業時間が短い
  3. 人手不足
  4. 新規顧客を獲得しすぎ
  5. 別の店舗に予約できない

サロン側が原因で、私たちから一番わかりにくいのが、新規顧客の増加具合です。
格安キャンペーンを実施すると多くの新規契約が見込めますが、サロンによっては店舗のキャパシティを脇に置いてしまうケースもあります。

そうすると顧客数が予約枠を超えてしまいかねず、物理的に予約が取れない状況に陥ります。
そしてこれは、格安キャンペーンの実施に限った話ではありません。
予約枠とのバランスを取る意識がない人気サロンほど、予約が取りづらくなります。
特に、夏に近づくほど、脱毛に通う人は増えます。



私たちにできる解決策としては、夏前のキャンペーンで脱毛を始めない、くらいです。


    ■顧客側の原因

  1. 日時を妥協しない
  2. 近隣店舗の予約状況を確認していない
  3. 無断キャンセルをしてしまう

予約が取れない原因は、私たちにもあるかもしれません。
日時を多少妥協するだけで、割とすんなり予約が取れるケースはよくあります。

もしも店舗移動が自由にできるサロンで近隣にも店舗があるなら、そちらの予約状況もチェックしましょう。

そして、埋まっている予約枠は、もしかしたら無断キャンセル分かもしれません。
他人の迷惑になるだけでなく、回り回って自分の不利益にも繋がります。



解決策としては、日時の妥協と近隣店舗の利用です。



また、1年でもっとも予約が取りにくくなる時期は、夏前から夏にかけての季節です。
このタイミングで「予約が取れない脱毛サロン」と判断するのは、控えましょう。

効果が実感できない原因と解決方法

複数回施術を受けているにもかかわらず効果を実感できない原因は、以下が考えられます。

    ■脱毛効果を実感できない原因

  1. まだ回数が足りない
  2. 脱毛マシンの出力不足
  3. 照射のタイミングが適切でない

効果に対する不満は、クリニックよりも脱毛サロンで感じがちです。
理由は、一重に出力が低いからです。
出力が低ければ多くの回数が必要になりますし、満足できる効果を得るまでの期間も長くなります。



解決策としては、今よりもっと回数を重ねるか、もしくは医療レーザー脱毛への乗り換えです。



ただしここで注意したいのが、医療レーザー脱毛も万能ではない、ということです。
黒い色素に依存した脱毛マシンでは、色黒肌の方や産毛への効果は落ちてしまいがちです。
該当する方は、サロンも含めて蓄熱式への乗り換えが解決に繋がります。

また、施術のタイミングが毛周期に合っていなくても効果は実感しづらくなりますが、蓄熱式なら関係ありません。
一番のおすすめは蓄熱式レーザー脱毛への乗り換えですが、残念ながらまだまだ導入クリニックは少数です。

脱毛してもまた生える原因と解決方法

脱毛すればもう一生ムダ毛は生えてこないと思っている方は意外に多いようですが、残念ながら違います。
そしてこれは、サロンの光脱毛に限らず、永久脱毛でも同じなんです。
永久脱毛とは、医療機関でのレーザーによる施術を指します。
レーザー脱毛の方が効果の持続期間ははるかに長く、また生えてきたとしても軽微です。

脱毛してもムダ毛がまた生える原因は、毛母細胞が残っているためです。
特に毛根を破壊できないサロンの光脱毛では、ムダ毛は高確率で復活します。



解決策としては、一生通い続けるか熱破壊式レーザー脱毛への乗り換えです。



まとめ

「全身脱毛が終わらない」という不満はどうすれば解消できるのかをご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

状況によって解決策は違うので、まずはそちらからお試しください。
それでダメなら、最後の手段としては「他社への乗り換え」です。
ただし、乗り換えですべて解決できるわけはありません。
乗り換え先で今の不満が解消できるのかどうかは、よく検討する必要があります。
脱毛の乗り換えに関しては、こちらで詳しくご紹介しています。