子どもの脱毛におすすめの施術方式とは?

脱毛サロンやクリニックは親権者の同意があれば未成年者でも契約できますが、契約条件に年齢が含まれているケースもあります。
16歳以上であればほぼ問題ありませんが、もしも中学生くらいまでのお子さんに脱毛を受けさせたいと思われるなら、サロンやクリニックの年齢条件を確認する必要があります。

ですが実際は、契約できる年齢の下限を公式サイトやキャンペーンページから探すのは難しいかもしれません。
というのも、ほとんどのサロンやクリニックでは、子どもの脱毛は想定の範囲外だからです。
したがってそのようなサロンやクリニックでは、契約条件の中に年齢が記載されることはありません。

そこで、中学生くらいまでのお子さんに脱毛を受けさせたい親御さんにおすすめなのが、「子ども脱毛」や「キッズ脱毛」というお子様専用の脱毛プランが用意されたサロンやクリニックです。

子ども脱毛はごく限られた脱毛サロンやクリニックでしか行われていないので身近にはないかもしれませんが、足を伸ばしてみる価値はあります。
なぜなら、子どもが脱毛したいと思う背景や動機に理解があり、安心して任せられるからです。



ただしここで注意したいのが、大人よりデリケートな子どもの肌に対応した施術方式を採用しているかどうかです。
お子さんの肌を守るためにも、子ども専用のプランさえあればOK、というわけにはいきません。

そこでここでは、子ども脱毛におすすめの施術方式をご紹介します。
また、子ども脱毛におすすめの施術方式を採用していて、なおかつ子どもの脱毛も想定しているサロンやクリニックもご案内します。
中学生くらいまでのお子さんに脱毛を受けさせたい親御さんは、是非チェックしてみてください。



ハイパースキン脱毛のディオーネ

ディオーネ キッズ脱毛

ディオーネは子ども脱毛の第一人者的なサロンで、3歳の子どもで安心して安全に受けられるほど肌に優しいハイパースキン脱毛を採用しています。

そもそもディオーネで使われている脱毛マシン(ハイパースキンカレン)が開発されたきっかけは、『小2の娘のムダ毛をなんとかしてあげたい』と思う親の責任感からでした。

父親である社長自身が剛毛で、中学生の頃からムダ毛処理をしていたそうですが、毛深い体質は娘さんにも引き継がれたようです。
まだ小2なのにムダ毛に悩まされる我が娘を見て、救ってあげたい一心で2004年に研究・開発に着手しました。
その後は社長自らが実験体となり、検証を繰り返しながらさらなる研究と改良を重ねていきました。
そして2006年、娘のためだけの世界唯一の脱毛マシン、ハイパースキンカレンが完成します。

ハイパースキンカレンの効果が自身の経営するサロンの会員さんたちに口コミで広がり、店舗にも導入しました。
自分と同じように悩む会員さんの子どもに、手を差し伸べるためです。

ハイパースキンカレンによる子ども脱毛の評判はそこから更に広まり、会社のある福岡から九州全域へ、そしてやがて全国へと広がっていきました。

2010年には朝日新聞でハイパースキンカレンによる子ども脱毛が取り上げられ、クリニックなどの医療機関にも導入されるようになりました。

ディオーネのキッズ脱毛に関する朝日新聞の記事

2012年、中学生になった娘の恋文(れもん)ちゃんは、友達もうらやむ「ムダ毛のないつるつるお肌」になっていました。
そしてたくさんのテレビ(1分間の深イイ話など)や雑誌(週刊朝日他)からも取材を受け、ハイパースキン脱毛は「子どもも受けられる」「痛くない」と紹介され、大きな関心を集たのです。

ハイパースキンカレンによる子ども脱毛が始まって以来14年が経ちますが、これまでに発生したトラブルはいまだにゼロを更新中であることからも、いかに安全性が高いかが分かります。
もしも小学生から中学生の娘さんがムダ毛に悩んでいるなら、ディオーネのハイパースキン脱毛でのお手入れがおすすめです。
『気にしないでいいよ』と言うだけでは、子どもの悩みは決して解決しません。


ディオーネのキッズ脱毛の対象は、中3までの女子と小3までの男子です。
本契約前にまずはお試し体験ができますが、ディオーネでは保護者の方も体験できるのが大きな特徴です。
子ども脱毛にここまで至れり尽くせりなのは、ディオーネだけです。


キッズ脱毛
<子どものために保護者も体験可!>
※子どもでも安心!肌に優しいハイパースキン脱毛

SHR方式のストラッシュ

ストラッシュ キッズ脱毛

ストラッシュのキャンペーンページに子ども脱毛の記載はありませんが、公式サイトではしっかりキッズ脱毛について情報発信されています。

ストラッシュのキッズ脱毛の対象は10歳からで、キッズ割で最大30%の割引が使えます。
また、お母さんも一緒に契約すれば、親子でペア割が使えます。

ストラッシュが子ども脱毛におすすめなわけは、「痛くない」SHR方式での施術だからです。
脱毛の施術で痛みを感じる原因は毛根への高熱(一般的なサロンでは約80℃)のダメージですが、SHR方式では毛根を照射のターゲットにしていませんし、高熱でのダメージも与えません。
ストラッシュでは約50℃と低温なうえに、照射のターゲットは毛包です。
毛包に蓄熱することで、今生えている毛とこれから生えてくる毛の、どちらにも作用します。

SHR方式が子ども脱毛におすすめな理由は、他にもあります。
日焼けした褐色の肌にも、安全に照射できる点です。
大半の施術方式では日焼けは絶対NGですが、ストラッシュのSHR方式はメラニン色素に反応しないので、日焼けして肌が黒くなっても施術可能です。
ただし、炎症を起こした状態では照射できない可能性があるので注意が必要です。


ストラッシュ
<SHR方式は子ども脱毛にも最適!>
ストラッシュの無料相談に予約
※5年連続!医療関係者が選ぶNo.1脱毛サロン

メディオスター Next PROのクレアクリニック

クレアクリニックもキャンペーンページでは子ども脱毛を大々的に打ち出してはいませんが、「よくあるご質問」の中に記述が見られます。

また、公式サイトでも目立ちはしませんが、お子様におすすめのコースとして、ベストチョイス3部位特別コースが見られます。

子ども脱毛に対応したクリニック自体が珍しいですが、「新宿」と「渋谷」にしかないので利用できる方は更に限られます。

クレアクリニックが子ども脱毛におすすめなワケは、メディオスター Next PROという脱毛マシンで施術してもらえるからです。
施術方式としては「蓄熱式レーザー脱毛」で、簡単に言えばストラッシュのSHR方式のレーザー版です。
主な違いは光かレーザーかで、仕組みとしては同じと考えて差し支えありません。

クリニックでは複数のマシンが導入されていても、機種の指定はできないのが普通です。
クレアクリニックでも他にライトシェアデュエットという脱毛マシンが導入されていますが、通常は機種の指定はできません。
ところがお子様への施術に関しては、ハッキリと「メディオスター Next PROでの脱毛」と記載されています。


CLAIR CLINIC official (価格有り)
<クレアクリニックは子ども脱毛にも対応!>
※「新宿」「渋谷」限定がデメリット