脱毛でサロンとクリニックを併用する際の注意点



『脱毛でサロンとクリニックの併用ってできる…!?』



現在脱毛サロンに通われている方の中には、「クリニックでも脱毛したい」って方もいらっしゃるかもしれません。
脱毛でサロンとクリニックを併用するにあたって、確認しておきたいこともあるかと思います。

そこでここでは、エステ脱毛と医療脱毛を掛け持ちして問題や不都合な点はないのか、現在の契約は解約しなければいけないのかどうかや、注意点についてもご紹介していきます。



まず結論からいえば、脱毛でサロンとクリニックの併用はできますし、契約自体も問題なく結べます。
現在の契約を解約する必要もありません。
ただし、最大の注意点がコチラ。



同じ部位での併用は避ける



同じ部位をサロンとクリニックを併用して同時に通っても、そもそも意味がありません。
なぜならクリニックの方がパワーが強いので、サロンで得られる効果はかき消されるからです。
更に、同じ部位でサロンとクリニックを併用すると、万が一肌トラブルが発生した場合に責任の所在が特定しづらくなります。
サロンとクリニックを併用するなら、必ず違う部位を選びましょう。



部位をかぶらせさえしなければ、サロンとクリニックの併用には何の問題もありません。
ですが、クリニックでの契約が「キャンペーン」なのか「本契約」なのかによっては、他にもいくつか注意点があります。
ケースごとに見ていきましょう。



クリニックのキャンペーンを使ってサロンと併用する場合の注意点

クリニックによっては、サロンに負けず劣らずの格安キャンペーンが実施されています。
例えば、「湘南美容クリニック」のセットプラン1回や「トイトイトイクリニック」の1部位1回といったキャンペーンです。

多少なりとも医療脱毛に興味をお持ちの方なら、脱毛サロンに通っていても医療脱毛の格安キャンペーンってやっぱり気になりますよね?

医療脱毛の「料金が高額」というデメリットが格安キャンペーンでクリアできるなら、痛みの大きさを自分自身で確認してみるのも悪くない選択です。



ただしここで注意したいのが、「今後どうしたいのか?」です。



いかに医療脱毛の効果がサロンの光脱毛より高いとはいっても、たった1回の施術では効果など期待できません。

また、クリニックの割安なキャンペーンをはしごして全身脱毛を仕上げようとお考えなら、おすすめしません。
医療脱毛の格安キャンペーンなんてそもそも実施しているクリニック自体が少ないですし、対象部位もマチマチです。
5回照射してもらって効果を実感するためには、5ヶ所の違うクリニックで同じ部位で契約しなければいけません。

ただでさえ面倒な上に、クリニックが多い都市部でさえも相当厳しい条件です。
そんなに都合のいい格安キャンペーンなんて、揃ってはいないのが現実です。
とてもじゃありませんが全身なんてカバーしきれませんし、そのうえ全身をくまなく5回なんて、ムリです。

クリニックのキャンペーンを使ってサロンと併用する場合は、「1部位1回だけでは意味がない」と心得ましょう。

サロンに通いながらクリニックのキャンペーンを利用するおすすめの方法

これを踏まえた上で、サロンに通いながらクリニックのキャンペーンを利用するおすすめの方法は、医療脱毛への乗り換えを前提にしたお試しです。

選ぶべき医療脱毛のキャンペーンは、「VIO」のセットもしくはいずれかのパーツです。
VIOがおすすめな理由は、全部位の中で一番痛みを感じやすいからです。
一番痛みを感じやすいVIOで医療脱毛を試せば、クリニックへの乗り換えの是非が一発で確認できます。

VIO以外の格安キャンペーンで1部位に1回だけ照射してもらっても効果なんて期待できませんし、得られるモノもありません。



ところで、サロンに通いながらクリニックを併用したい理由は、医療脱毛を諦めきれないからじゃないでしょうか?

『正直、脱毛を始める前はクリニックにしたかったけど、「料金」と「痛み」で断念した』って方は多いです。
脱毛の口コミでも『医療レーザー脱毛は痛い』ってよく投稿されているので、自身で体験せずともその判断は間違ってなどいません。

実際、クリニックのデメリットはなんといっても「高額な料金」と「痛み」なので、安くて痛くないサロンでの脱毛は、むしろ現実的な選択です。

中でも特に脱毛初心者に人気のミュゼでは、数百円程度の格安キャンペーンが毎月実施されています。
しかも、「両ワキ+Vライン」の年間パスポートが付いてくるので、お得感しか感じません!

そのため、現在は当初希望していた医療脱毛クリニックではなく、ミュゼのキャンペーンで契約して通っている方も多いようです。

もしかしたら、あなたもそうなんじゃありませんか?
そして、医療脱毛の痛みを一度は確認しておきたいって気持ちが、心のどこかにありませんか?
だからこそ、サロンに通いながらクリニックの併用を思いついたのではないでしょうか?



話を元に戻しましょう。

仮に、VIOでもレーザーの痛みに問題なければ、クリニックでVIO込みの全身脱毛が現実的になります。
逆に痛ければ、サロンで全身脱毛、もしくは、クリニックでのVIOなしの全身脱毛とサロンでのVIO脱毛の併用、という今後のプランが立てられます。



サロンやクリニックの全身脱毛への乗り換えに関しては、こちらで詳しくまとめています。



いずれにしても、クリニックでのVIOの痛みの大きさが確認できれば、当初希望していた永久脱毛だって諦めずにすみます。

脱毛サロンを解約してクリニックに申し込むと、万が一痛みに耐えられなかった場合に帰る場所がなくなってしまいます。
そのため、サロンとクリニックの一時的な併用は、やり方さえ間違えなければむしろ賢い方法です。

本契約するとなると医療脱毛の高額な料金の問題はまだ残ったままですが、最近はサロンより安いクリニックもあります。

また、今は全身脱毛まで考えていなくても、併用する際に選ぶ部位はやっぱりVIOがおすすめです。
「ワキ」「VIO」「両手」「両足」「うなじ」は全部脱毛したい、って思いませんか?
一番痛いVIOで医療脱毛の痛さを試しておけば、部位ごとにいちいち試す手間が省けます。

サロンに通いながらクリニックのキャンペーンを利用するなら、「VIO」がおすすめです。


クリニックで本契約してサロンと併用する場合の注意点

サロンとクリニックで部位の重複さえなければ、本契約しての併用もできます。
今通っているサロンを、解約する必要もありません。

例えば、脱毛サロンではVIOのセットプラン、クリニックではVIOなしの全身脱毛、といった併用の仕方です。
ただし、注意点が2つほど。

  1. 予約が面倒
  2. 仕上がりに差が出る

クリニックと本契約してのサロンとの併用では、予約先が2ヶ所になるので単純に手間が2倍になります。

サロンとクリニックでは施術間隔が違う場合も多いので、お互いを意識したスケジュール調整と管理が必要になります。
そして、大部分のクリニックではネット予約ができません。
ネット予約に対応しているのは初回の無料カウンセリングだけのクリニックも多く、施術の予約は基本「店頭」か「電話」になります。

そして、サロンで施術している部位とクリニックで施術する部位では、仕上がりに差が出る可能性が大です。
クリニックと比較すると、どうしてもサロンの方が効果が弱いからです。

クリニックで医療レーザー脱毛を受けた部位の方が、少ない回数や短い期間で効果を実感できます。
また、完了後すぐには分からないかもしれませんが、効果の継続期間にも差が出ます。
脱毛サロンでも一生通い放題できるなら効果はずっと持続しますが、基本的に永久脱毛ではありません。
そのため、通わなくなって数年経ったらまた生えてくる可能性が高いです。

部位単位の契約での併用は基本的におすすめしない

サロンに通いながらクリニックと本契約する場合でも、やっぱり部位選びを意識するべきです。

特に全身脱毛まで視野に入れているなら、部位単位でのサロンとクリニックの併用はおすすめしません。
医療脱毛の料金は高額ですが、中でももっとも割高なプランが1部位単位での契約だからです。
場当たり的に何となく部位を選んでいると、ムダな出費ばかりががかさんでしまいます。
少しずつでも脱毛部位を増やしたい気持ちは分からなくはないですが、時間もお金もすごくムダにしてしまいます。
それならいっそ、脱毛サロンで全身脱毛するべきです。

また、今は全身脱毛まで考えていなくても、ムダ毛が気になる部位はいくつかあるんじゃないでしょうか?
一度整理してみて、クリニックのプランと照合してみましょう。
パーツ単位での契約より、セットプランの方が割安です。


まとめ

脱毛でサロンとクリニックを併用する際の注意点についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
最後にここで、まとめておきます。

  1. 同じ部位を選ばない
  2. 1部位1回だけでは効果はない
  3. 部位選びが重要
  4. おすす部位は「VIO」
  5. 予約の手間が2倍になる
  6. 仕上がりに差が出る

サロンとクリニックを併用したい動機は人それぞれだとは思いますが、突き詰めて考えれば「医療脱毛を受けたいから」なんじゃないでしょうか?

だとすれば、サロンとクリニックの併用を延々と続けるのは得策ではありません。
医療脱毛の痛みに耐えられるのかどうか、支払いにムリが出ないのかを確認して、少しでも早く結論を出しましょう。