脱毛を乗り換えるベストなタイミング5選



今、脱毛を乗り換えるべきかどうかで迷っていませんか?

脱毛の乗り換えには、おすすめできるパターンとできないパターンがあります。
乗り換えがおすすめなパターンでは、タイミングを逃すと時間もお金もムダにしてしまいます。

そこでここでは、脱毛を乗り換えるベストなタイミングを5つ解説します。
また、あなたに合った最適な乗り換え先の選び方も紹介します。

自分に最適な脱毛に乗り換えることで、今より格段に満足度の高い脱毛ができるようになります。

少なくとも、今感じている脱毛への不満は解消できます。

脱毛を乗り換えるタイミングBEST5

どのタイミングで脱毛を乗り換えるべきなのかは、人それぞれで違います。

経験者の乗り換えの動機を調べた結果、乗り換える最適なタイミングが分かりました。

脱毛を乗り換えるタイミング

  • 効果をなかなか実感できないとき

  • 推奨されている施術ペース通りの予約がなかなか取れないとき

  • 脱毛料金に不満を感じたとき

  • ワキ脱毛から施術範囲を広げたくなったとき

  • 痛みが苦痛で施術が憂鬱になったとき

効果をなかなか実感できないとき

今通っているのが脱毛サロンであれ脱毛クリニックであれ、効果を実感できなければ乗り換えを真剣に考えるべきタイミングになっていると言えます。

ただ、効果の有無をどうやって判断するのかが重要です。
ポイントとなるのは、「回数」「施術部位」「施術方式」です。

IPL方式やSSC方式の脱毛サロンの場合、ほんの数回程度で効果は実感できません。
ワキやVIOの太く濃い毛なら、6回ほどの施術で毛が薄くなったと実感できるはずです。
腕や足の細く薄い毛で効果を感じるには、更に多くの施術回数が必要になります。

熱破壊式の脱毛クリニックの場合、3回ほどの施術で毛が薄くなったと実感できるはずです。
腕や足の細く薄い毛で効果を感じるには、更に多くの施術回数が必要になります。

蓄熱式で施術を行うサロンやクリニックの場合、照射後数日でスルッと抜けるような抜け感はありません。
どちらかといえば生えなくさせる施術方式なので、効果を実感するまでには時間がかかります。

また、脱毛マシンによって施術方式やレーザーが異なりますが、それぞれに得手不得手があります。
もっとも高い効果を望むなら、熱破壊式と蓄熱式を併用しているクリニックへの乗り換えがいいかもしれません。

熱破壊式と蓄熱式の両方で施術を行うクリニックでも、乗り換え割が使えます。

推奨されている施術ペース通りの予約がなかなか取れないとき

施術ペースは、サロンやクリニックによって違います。
2ヶ月に1度だったり3ヶ月に1度だったりします。

まずは、今通っているサロンやクリニックで推奨されている施術ペースがどのくらいなのかを、確認してみましょう。

推奨されている施術ペース通りに予約が取れていなければ、予約枠が十分確保されていない可能性が考えられます。

このまま通い続けても改善される可能性は低いので、乗り換えた方がいいでしょう。

参考までに言えば、店舗移動が自由にできれば、それだけ予約は取りやすくなります。

脱毛料金に不満を感じたとき

今通っている脱毛も、契約前に料金も含めて色々と情報収集したと思います。
にもかかわらず、後になってもっと安いサロンやクリニックを見つけてしまうこともあります。

通い始めて間がないなら、解約すればそれなりの金額が返金されます。
返金されたお金で乗り換え先と契約しても尚、手元に残るケースもあります。

実際に手元にいくら残るかシミュレーションしたうえで、乗り換えるかどうかを決めるのがいいでしょう。

どこのサロンでもクリニックでも、中途解約は可能です。
解約返金がいくらになるのかは、次のように計算します。

① 契約残額 = 契約金額 – 1回分の料金 × 施術済み回数

② 解約手数料 = 2万円または契約残額の10%の金額が低い方

③ 返金額 = 契約残額 – 解約手数料

逆に乗り換えで手出しが出るようなら、タイミングが遅すぎたと言わざるを得ません。
他に理由がなければ、乗り換えずにこのまま通い続けた方がいいでしょう。

ワキ脱毛から施術範囲を広げたくなったとき

女性なら初めての脱毛は、ワキから始める人が大半です。
同時に、ワキだけで脱毛を終える女性は限りなくゼロに近いようです。

もしも施術範囲を広げたくなっているなら、今は乗り換えのタイミングだと言えます。

とはいえ、今ワキ脱毛で通っているサロンやクリニックで別の契約をするのも、ひとつの選択肢です。
契約し直すか乗り換えるかを判断するポイントは、次の契約内容です。

ワキ脱毛から全身脱毛を希望するなら、他社に乗り換えた方が料金は安い傾向にあります。

痛みが苦痛で施術が憂鬱になったとき

医療脱毛を受けている人なら、施術中に痛みを感じている人は多いと思います。
出力の調節や麻酔によって痛みを小さくすることは可能ですが、それでも耐えられないなら乗り換えを検討した方がいいかもしれません。

特に「痛みが苦痛で施術を受けたくない。」と思うほどなら、乗り換えのタイミングと言えます。

痛みが原因で足が遠のいたクリニックには、今後も通うことはないだろうからです。

まとめ

脱毛を乗り換えるタイミングについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?
最後にここで、まとめておきます。


脱毛を乗り換えるタイミング

  • 効果をなかなか実感できないとき

  • 推奨されている施術ペース通りの予約がなかなか取れないとき

  • 脱毛料金に不満を感じたとき

  • ワキ脱毛から施術範囲を広げたくなったとき

  • 痛みが苦痛で施術が憂鬱になったとき