SHR方式 仕組み

SHR方式とは、メラニン色素に依存しない施術方法です。
たったこれだけですが、「レーザー脱毛」「IPL方式」「SSC方式」の弱点を克服しています。

  1. 毛周期に関係なく施術できる
  2. 短期間で完了する
  3. 産毛にも効果が落ちない
  4. 日焼けや色黒の肌や色素沈着による黒ずみにも安全に照射できる
  5. 低刺激で肌に優しく痛みをほぼ感じない

レーザー脱毛をはじめ、従来のIPL方式やSSC方式は、メラニン色素に反応させて毛根にダメージを与えています。
高い精度で毛根を狙えるのはメリットですが、それゆえの弱点があるのも事実です。
それが、「完了までの期間」「産毛・日焼け肌・色黒の肌・色素沈着による黒ずみへの効果」です。

毛根が黒くなるのは毛周期の中でも成長期だけで、2ヶ月から3ヶ月に1度しか訪れません。
したがって、通うペースはどうしても間隔が空いてしまいます。

産毛は色が薄いので、効果が落ちます。
日焼け肌や色黒の肌や黒ずみはどれも、メラニン色素が増えた状態です。
メラニン色素に反応するレーザーや光では、効果が半減するばかりか火傷のリスクさえ高まります。

一方のSHR方式は、メラニン色素は無関係です。
SHR方式は毛周期を無視できるうえに、産毛にも効果が落ちません。
SHR方式は日焼け肌や色黒の肌でも、黒ずみになっていても安全に照射できますし、効果を得られます。
SHR方式では、毛を包む毛包に蓄熱するので、今生えている毛だけでなく、これから生えてくる毛にも効果を発揮します。

しかもSHR方式はワンショットの温度が約50℃と低温なので、肌にも低刺激で痛みをほぼ感じません。
レーザー脱毛では約200℃、IPL方式やSSC方式でも約80℃なので、SHR方式ならサロン同士で比較しても痛くありません。
肌が弱い敏感肌の女性や、痛みに弱い女性でも、SHR方式なら安心して脱毛を受けられます。

SHR方式(蓄熱式脱毛)でおすすめの脱毛サロンは、「ラココ」と「ストラッシュ」です。
SHR方式(蓄熱式脱毛)の医療脱毛では、「フレイアクリニック」がおすすめです。