脱毛サロンで店舗移動できるメリットと各社の違い



「脱毛サロンの店舗移動」ってご存知でしょうか?



契約を交わした店舗以外でも施術を受けられる制度です。
制度というと大袈裟ですが、大抵はどこの脱毛サロンでも店舗移動できるものです。

店舗移動の具体例無料カウンセリングを受けて契約を交わしたのは自宅近くのA店だけど、施術を受けるのは職場近くのB店


A店では希望日に予約が取れなかったけど、B店なら空いてた


引越し先にも出店していたので継続して通えた

など、店舗移動ができることで通いやすさがアップします。
こんな脱毛サロンの店舗移動ですが、実は各社で違いが見られます。



脱毛サロン各社の店舗移動の違い

店舗移動できる脱毛サロンでよく知られているのが、ミュゼです。
ミュゼではどこの店舗にも予約できるので、自分の都合に合わせてお店を選べるメリットがあります。
他ではキレイモなども同じように、どこの店舗にでも予約が可能です。

一方で、脱毛ラボやラココでは施術のたびに店舗を移動することはできません。
この点だけで「店舗移動不可」と紹介しているサイトもいくつかありますが、これは解釈の違いによるものと思われます。
正しくは、こうです。

脱毛ラボやラココでは予約ごとに店舗は代えられないけど、いつも通う店舗の変更は可能

つまり店舗移動とは、「単発」と「継続」の2種類の違う解釈があるということです。
この点を踏まえた上で、主な脱毛サロンの店舗移動の違いを一覧表にまとめてみました。


脱毛サロン各社の店舗移動の違い
サロン名 利用シーン 手続き 手数料
ミュゼ 予約・転居 不要 無料
キレイモ 予約・転居 不要 無料
ストラッシュ 予約・転居 不要 無料
銀座カラー 予約・転居 不要 無料
ラココ 転居 無料
脱毛ラボ 転居 1,000円

単発で店舗移動できる脱毛サロンの方が予約は取りやすい

上でも紹介したように、予約ごとの単発で店舗移動が可能な脱毛サロンもあります。
毎回違う店舗に予約できるので、希望日に予約できる確率が高まります。

普段は予約の取りづらさを感じなくても、繁忙期には一気に人が増えるので状況が一変します。
そんな時でも単発で店舗移動ができる脱毛サロンなら、比較的予約は取りやすくなっています。

特に同一エリアに複数店舗が出店している都心部なら、こんな便利なシステムを使わない手はありません。
もしも今通っているサロンの予約が取りにくいと感じたら、まずは単発での店舗移動ができるかどうかを是非、確認してみてください。


全国展開しているなら引っ越し先でも同じサロンに通える

店舗移動不可と紹介されているサロンでも、実は手続きさえすれば通うお店の変更ができたりします。

公式ホームページでちゃんと情報公開されていればこんな誤解は生まれずに済むのですが、そこまで気づかないサロンも多いのが現実です。だからこそここで、脱毛サロン各社の店舗移動について詳しく調べたうえで紹介しているわけです。



もしも引越しが決まったら、やることリストの中に「脱毛サロンの出店状況の確認」も追加してください。



今通っている脱毛サロンが転居先にも出店していれば、同じサロンに継続して通えます。
ただしサロンによっては、上の一覧表のように、簡単ですが手続きが必要かもしれません。

逆にもし未出店なら、引越し前にしておかなければいけないことがあるかもしれません。
それは、【解約・返金の手続き】です。
なぜなら解約・返金の手続きは、基本的に店舗で行うようになっているからです。

パックプランなら、未消化回数分が返金されます。
ローンではない月額制に返金はありませんが、解約しないと毎月引き落とされてしまいます。
解約する場合は、引越し前に必ず手続きしておきましょう。



そして解約せざるを得なかった脱毛を転居先でも続けたい場合は、別のサロンに乗り換えるしかありません。
乗り換え割が用意されているサロンが多いですが、その際には以前通っていた脱毛サロンの会員証や解約書類の提示が必須となっています。
引越し準備の際に、古い会員証等を捨ててしまわないように気をつけましょう。