脱毛の乗り換え方法

このページでは、脱毛の乗り換え方法を流れに沿って簡潔にご案内しています。
脱毛に通っている女性なら、一度や二度は乗り換えを考えることもあるでしょう。

  • 医療脱毛に乗り換えたい
  • 他の脱毛サロンに乗り換えたい
  • 全身脱毛に乗り換えたい



脱毛を乗り換えたい時はまず何から始めればいいのか、大まかな流れを掴んでおきましょう。
各項目の詳細は、それぞれ別ページで詳しく解説しています。

    ■脱毛の乗り換え方法

  1. 乗り換え先をサロンにするか医療脱毛クリニックにするかを決める
  2. 乗り換え割の利用可否や適用条件を確認する
  3. 各社の特徴をチェックする
  4. 脱毛の乗り換えでおすすめのサロンBEST5
    医療脱毛クリニックへの乗り換えでおすすめのBEST4
  5. 無料カウンセリングを受ける
  6. 乗り換え割が適用されるコースで契約する
    ■脱毛を乗り換える際の注意点

  1. 乗り換え割は全身脱毛でしか使えない場合が多い割引
  2. 乗り換え先を乗り換え割の金額だけでは決めない
  3. 今通っている脱毛の解約はケースバイケース
  4. 医療脱毛クリニックでも乗り換え割が使えるかもしれない

乗り換え先を決める際には、必ず出店状況を確認してください。
どんなに通いたくても、通える範囲内になければ意味がないからです。
一刻も早く不満を解消して、全身ツルスベを目指しましょう。
また、脱毛の乗り換えに関するありがちな疑問にもお答えしておきます。


乗り換えの際に解約は必要?

乗り換えで新しい脱毛サロンや医療脱毛クリニックと契約する場合、気になるのが乗り換え元の解約が必要かどうかではないでしょうか?

結論からいえば、必ずしも今通っているサロンやクリニックを解約する必要はありません。

乗り換え割の適用条件に「解約」が盛り込まれている脱毛サロンや医療脱毛クリニックなんて、存在しないからです。

ただし、実際は乗り換えのパターンによって解約するかどうかが違います。

  1. 脇やVライン脱毛から全身脱毛への乗り換え
  2. 部分脱毛のセットコースから全身脱毛への乗り換え
  3. 全身脱毛から全身脱毛への乗り換え

解約不要なのは①のみですが、脇やVライン脱毛が通い放題の場合に限ります。
一つ具体的な例を挙げれば、ミュゼの初めての方限定プランに「両ワキ+Vライン100円」があります。
通い放題になっているなら、解約しないほうがお得です。
乗り換え先のプランが通い放題でなければ、回数を全部消化した後にまたミュゼに通えるからです。

②③のパターンは、解約するべきです。
解約して返金してもらえる可能性がある乗り換え元の契約はパックプランと通い放題のみですが、消化回数や経過期間によっては返金ゼロの場合もあります。
また、ローンではない月額制ではそもそも返金はされませんが、解約しないと毎月月額料金が引き落とされるので、必ず解約しておきましょう。

脱毛を乗り換えたら効果も高まる?

脱毛を乗り換えたら効果も高まる?

脱毛を乗り換える動機のひとつに、「効果に対する不満」が挙げられます。

  1. 全然抜けない
  2. 施術回数が多すぎる
  3. 通う期間が長すぎる

などです。
こうした効果に対する不満が理由で脱毛を乗り換える場合、乗り換えで果たして不満は解消できるのかどうかって、とても重要ですよね?
そこでここでは、乗り換えた後の効果の変化についてご紹介していきます。

脱毛の効果はご承知のように、回数に比例します。
単純に回数が多いほど、高い効果が期待できます。
これは、エステサロンの光脱毛でもクリニックの医療レーザー脱毛でも同じです。

ただし、脱毛サロンから脱毛サロンへの乗り換えや、医療脱毛から医療脱毛への乗り換えでは、基本的に施術1回当たりの効果は変わりません。

施術1回当たりの脱毛効果が高まる乗り換えのパターンは、エステサロンの光脱毛からクリニックの医療脱毛への乗り換えだけです。

ただし、通う期間に関しては違います。

「効果と回数」「期間」について、それぞれを詳しく解説していきます。

脱毛の乗り換えで完了までの期間は短縮できる?

脱毛を早く完了せたくて、乗り換えを検討している方も多いかもしれません。
もしも通う期間の短縮が目的での乗り換えなら、施術ペースのチェックが不可欠です。

エステの光脱毛からクリニックの医療脱毛に乗り換えたからといって、必ずしも完了までの期間が短縮できるとは限りません。

なぜなら、施術ペースの違いは「光」や「レーザー」によって決まるのではなく、施術方式によって決まるからです。

現在主流の施術方式(熱破壊式レーザーやIPL方式)では、毛周期に合わせて照射しなければ効果が得られません。
そのため、施術ペースは大抵2ヶ月から3ヶ月に1度となっています。

これに対して蓄熱式の施術方式では、毛周期に関係なく効果を得られます。
蓄熱式の施術ペースは、1ヶ月に1度です。

もしも乗り換えで期間を短縮したいなら、従来方式から蓄熱式への乗り換えで希望が叶います。
そして蓄熱式は、脱毛サロンにも医療脱毛クリニックにも導入されています。

中でも乗り換え先としておすすめなのが、「ラココ」「ストラッシュ」「フレイアクリニック」です。


脱毛の乗り換えを迷っている方必見!問題点と解決策

脱毛の乗り換えを迷う理由と解決策



『これってやっぱり、脱毛の乗り換えを検討するべき?』



今の脱毛から乗り換えるべきかどうかで、悩んでいませんか?

そんなときは、実際に乗り換えた方の決心した理由が参考になります。
もしも同じ状況に当てはまるなら、乗り換えを検討してはどうでしょうか。
おすすめの乗り換え先も悩み別に紹介しているので、是非参考にしてみてください。

予約が取れないなら顧客回転数の高いサロンへの乗り換えがおすすめ

乗り換えの理由で一番多かったのが、「予約が取れない」という不満です。

希望通りに予約が取れなければ脱毛は進まないので、いつまで経っても効果を実感できません。

人気サロンや都市部の店舗ほど予約は取りにくくなる傾向が強まりますが、現在では状況が少し変わっています。
最近ではどのサロンも施術時間が60分から90分に大幅に短縮されているからです。
2時間から3時間かかっていた時代とは違うので、現在の予約状況はかなり改善されています。

それでも予約が取れないと感じているなら、予約が取りやすそうなサロンや医療脱毛クリニックを探すべきです。
ただ、公式サイトで「予約が取りやすい」と書いてあっても、鵜呑みにはできません。



予約が取りやすそうな乗り換え先を選ぶ基準としては、「営業時間」「通うペース」「施術時間」「ベッド数」などの、回転率に関わる項目を比較するといいでしょう。

注意点としては、営業時間やベッド数は全店統一ではないケースもあるので、個別にチェックしなければいけない点です。

また、店舗移動できるかどうかも予約の取りやすさに影響します。
どの店舗にでも移動手続きなしで予約できれば、それだけ希望通りに予約が取れる確率が上がります。

全店舗に予約できるのは、「キレイモ」「ストラッシュ」「銀座カラー」「シースリー」です。

痛いのを我慢しているならサロン同士で比較しても痛くないサロンへの乗り換えがおすすめ

乗り換えの理由で多いのが、「痛みに耐えられないから」です。

特に医療レーザー脱毛に通っている女性に多く該当しますが、サロンでも痛みを感じやすい人はいるものです。
脱毛の痛みに耐えられないって悩みは、意外と多いんです。
せっかく脱毛に通っているんだから、痛みで挫折してしまうのってもったいないですよね?

脱毛の痛みを軽減するおすすめの方法は「痛みの少ないサロンへの乗り換え」ですが、サロンならどこでもいいってわけでもありません。
なぜなら、サロンの光脱毛でも痛みは感じるからです。

脱毛サロンはどこも「痛くない」とアピールしていますが、施術する側の言葉を鵜呑みにはできません。
というのも、脱毛サロン同士の比較で痛くないのではなく、大抵の場合はクリニックのレーザー脱毛と比較して痛くない、という意味だからです。
私たちが知りたいのは、サロン同士で比較しても痛くない脱毛サロンです。



サロン同士で比較しても痛くない脱毛サロンをどうやって見極めるかが肝心ですが、注目すべきは施術時の温度です。
なぜなら痛みの大きさは、温度の高さに比例するからです。

痛みの正体は熱によるダメージですが、レーザー脱毛では約200℃、IPL方式やSSC方式は約80℃に達します。
サロンでは他にもSHR方式がありますが、こちらは約50℃と低温での施術です。
SHR方式を導入しているサロンは、「ストラッシュ」「ラココ」「脱毛ラボ」「アイセル」です。

アイセルは新宿に1店舗しかないので、乗り換えるなら「ストラッシュ」「ラココ」「脱毛ラボ」がおすすめです。

ちなみに、例え低温のSHR方式とはいっても、骨に近い部位や皮膚の薄い場所まで完全に無痛というワケにはいきません。
若干の痛みを感じる事はありますが、通うのがイヤになるほどのレベルではありません。

効果に満足できないなら医療脱毛や通い放題への乗り換えがおすすめ

「脱毛の効果に満足できない」という不満も、乗り換える理由に挙げられます。

主に脱毛サロンに通っている女性に該当すると思いますが、効果を優先するなら医療脱毛クリニックへの乗り換えが一番確実です。
サロンの光脱毛より強力なレーザーでの施術なら、永久脱毛ができるからです。

ただ、そうは言っても何かとハードルが高いのが医療レーザー脱毛。
痛みが小さくて料金も安いクリニックも増えてきましたが、必ずしも近所にあるとは限りません。

そこで次におすすめするのが、脱毛サロンでの通い放題です。

脱毛サロンの効果は理論上、ハッキリ言ってどこでも大差なんてありません。
ですが、効果は施術回数に比例します。
脱毛サロンで効果が感じられない理由は、もしかしたら回数が少ないからなのかもしれません。

期間も回数も無制限の通い放題なら支払総額には上限があるので、出費が延々と続くわけではありません。
しかも大抵は、18回パックプランとそれほど大きな価格差もありません。
そのうえ効果も一生キープできるとなれば、通い放題への乗り換えを検討しない手はありません。

脱毛サロンでも満足できる効果を実感できている女性はたくさんいるので、リーズナブルに脱毛できる通い放題があるサロンに乗り換えてはいかがでしょうか。

「銀座カラー」「キレイモ」なら、期間も回数も無制限で通えます。

早く効果を実感したいなら毛周期を無視できるSHR方式への乗り換えがおすすめ

「もっと早く効果を実感したい」というのも、乗り換える理由になっています。

通うペースは各サロンやクリニックで違いますが、大体2ヶ月から3ヶ月に1度が一般的です。
そして効果を実感するためには、サロンでは最低でも6回の施術が必要で、どんなに早くても1年はかかってしまう計算です。

もし、少しでも早く効果を実感したいなら、毛周期を無視しても効果を発揮できるSHR方式が最善の選択です。

最短なら2週間に1度通えますが、1ヶ月間隔で見積もっても半年で6回完了できます。
従来方式ではムリでも、SHR方式なら早い効果が期待できます。

クリニックではサロンよりも少ない回数で効果を実感でき、その差は2倍から3倍と言われています。
つまりクリニックでの2回の効果は、サロンでの6回に相当します。
ただし、所要期間が必ずしも短くなるとは限りません。

なぜなら、クリニックでの医療レーザー脱毛の方が施術間隔が長くなりがちだからです。

今後数年間も通うのがイヤになったならスピード脱毛ができるSHR方式への乗り換えがおすすめ

最近では「通う期間が長すぎる」という不満が理由で、乗り換える女性も増えています。

全身脱毛の最大のネックが、長期間通うことです。
大部分の女性が満足できるまでの平均的な回数は12回ですが、期間に直すと3年です。

もしも通う期間を短縮したいのなら、選ぶべき乗り換え先は、スピード脱毛ができるSHR方式のストラッシュかラココのどちらかです。

毛周期に合わせたサロンでは、2ヶ月から3ヶ月に1度の施術なので、通う期間はどうしても長期化します。
短期間で終わらせたいなら、毛周期に関係なく効果を発揮できる、SHR方式のストラッシュかラココが乗り換え先として最適です。

ワキから全身に範囲を広げたいなら全身脱毛専門店への乗り換えがおすすめ

脇脱毛を経験すると、これまで面倒だったムダ毛処理が一気に楽になります。
そればかりか肌もキレイになるので、範囲を全身に広げたくなってしまいますよね。

ワキ脱毛ではミュゼに通っている方が多いと思いますが、どこの全身脱毛への乗り換えがおすすめなのか、迷ってはいませんか?
ミュゼからの乗り換えでおすすめのサロンやクリニックについて、こちらで詳しく紹介しています。


料金が割高だったことに後悔しているならリーズナブルなサロンへの乗り換えがおすすめ

「割高な料金」も、乗り換える理由によくありがちです。

全身脱毛の料金は、サロンやプランによって全然違います。
割高だった事実に気づいて後悔しているなら、なるべく早く解約した方が返金される金額も多くなります。



このままズルズルと施術を受け続けるほど返金額は減っていくので、早めの決断がおすすめです。
このページで紹介している5社はいずれも平均以下の価格帯ばかりですが、安さ以外の魅力も兼ね備えた、おすすめの脱毛サロンです。

引っ越し先に契約サロンがなかったら全国展開しているサロンへの乗り換えがおすすめ

「引っ越し」が理由で乗り換えざるを得ないケースもあります。

これまで通っていた脱毛サロンが、必ずしも引っ越し先にも出店しているとは限りません。
地方に行けば行くほど、通っていたサロンがない確率が高まります。

ただ、47都道府県すべてではなくても、ここで紹介している脱毛サロンはどれも全国展開しています。

このページで紹介している5社なら引っ越し先でも必ず見つかるとまでは言えませんが、いずれも店舗数は多めのサロンです。
まずは引っ越し先に店舗があるかどうか、チェックしてみてください。


おまけ

「全身脱毛の乗り換えでおすすめの脱毛サロンはどこ?」って方はこちらをチェック!